Bizpa-石井俊之のブログ

株式会社ビズパのCEOをしています。

出社前提、でも、ほぼリモート

元々のリモートワークの考え方はこちら

ビズパの出社で決まっていることは

1.ビジネスサイド:原則週1(固定曜日)出社

2.エンジニアサイド:原則月1(月初前後)出社

です。

もちろん、自宅がうるさいなどの環境等の理由で出社したほうが仕事になる人は出社しても大丈夫です。

 

前のブログにも書きましたが、通勤時間には何も価値を見出していません。通勤時間の分を仕事や趣味や家族に費やしたほうが、24時間しかない1日の時間効率としては非常に有効で、人生も豊かになります。一人でじっくり家や喫茶店で考えたいときもあると思う。子育てや介護には、定期的な行事や突発的な病気があるので、場所や時間を自分でマネージメントできたほうが精神的に楽だし、成果が出やすい。

「どこで仕事してもいいから、成果出せ!」というようなドライな考えは持っていませんが、「毎日オフィスに拘束することは、成果を最大限引き出すのに最適ではない」と思っています。

 

ただ、「あくまで出社が大前提」というのはみんなに理解してもらっています。そんなに頻繁にはないですが、必要な時にはだれでも出社号令をかけることができます。(もちろん、できる限り前もって連絡するよう配慮してもらいますが、急な時もあります。)リモートが前提として仕組みを作ってしまうと会社に集合かけるのには躊躇してしまいます。

 

私たちスタートアップにとってスピードは非常に重要です。正直集まって話してしまったほうが早いことも多いです。顔を見て、その時の空気感じながらブレストした方が良いアイデアや良い決定を出せることも多いです。会って話せばすぐ解決する問題も時間がたてば大きな問題に発展することもあります。その時に週1や月1の会議まで待っていては遅いですし、組織として硬直化してしまいます。

なので、今のところ、距離的に出社ができる人が前提となっています。

 

リモートワークにしているというと、管理はどうしてるとかさぼらないかという話になるけど、重要なのは信頼関係なんじゃないかなと思います。営業にGPSをつけさせるような会社もあるけど、管理すればするほど逆効果な気が・・・。

信頼関係構築などの目的から、入社後の当面の間は出社してもらっています。組織が小さいからできることだよねというのは、その通りだと思います。規模に応じて会社制度というのは変えていくべきです。ただ、信頼が持てる人と働きたいという軸はどれだけ大きくなっても変わらず残していきたいと思っています。

台風の時の「出社武勇伝」をなくしたい

前の会社のときよくあったのですが

「台風で電車が遅延していて、本数も少なかったのでゲキコミ!来るのに4時間もかかったよー」

みたいな武勇伝。意気揚々と語るのですが、結局会社に来てからの勤務時間も短いし、その後疲れてパフォーマンス悪し・・・。

そんな武勇伝いらないから、休むかリモートすればいいのに・・・。

まぁ、まだリモート環境が整っていたなかった時の話です。

私自身は、通勤時間は極端に嫌いな部類だと思います。

前職に転職したばかりの時に、1か月だけ千葉の袖ヶ浦~東京の狛江まで通っていました。約2時間以上の通勤で、終電22:30ごろで家につくのが午前1時前。そこからごはん・風呂の後に寝て、6時に起き、ゲキコミ電車で2時間以上電車の中で立ちっぱなしで会社に行く。

通勤時間って拘束されるのにお金はもらえないし、疲労だけがたまっていく非常に無駄なものだという強烈な経験をしました。

それ以来約20年オフィスへ歩いて行ける範囲に住居も構え、オフィスが引っ越したら住居も引っ越すスタイルをとっています。

そんな考えの人なんでリモートワークも非常に積極派です。コロナ禍になる前から、好きな時にリモートできる環境は整えていました。オフィスはフリーアドレス、クラウドPBXで電話も自宅からとれるなど。

以前は、近距離手当というものがありました。会社の近隣3キロに住めば手当を支給しますよというものです。通勤時間で交通機関にお金を払うなら、個人に渡したほうがいいし、通勤疲れがなくなるからという合理的判断です。(現在はリモート勤務が多くなったので廃止しています。)

ただ、矛盾するようですが、同時に精神的支柱にもなるオフィスも非常に重視しています。

コロナ禍で「オフィスについて」、「リモートについて」「働き方について」今までになく考えた1年でした。

当社のリモート体制については、また次回。

オンラインでカジュアル面談やってます

文章では伝わらないことが多いので、カジュアル面談を積極的に行っています。オンラインで30分ほどです。気軽な感じでご応募ください。面談後に辞退されても全く問題ないです。

 

▼会社・採用ページ

 

 

広告プラットフォームを創ろうと思った理由

私が、起業すると決めたときには、まだ具体的に立ち上げるサービスは決まっていませんでした。ただ、BtoBの領域でプラットフォームを立ち上げたいと思っており、広告にフォーカスがあたりました。その経緯は、以前のブログをご覧ください。

市船のサッカー部をきっかけに広告に注目し、新聞・雑誌・交通広告・CMなどいろいろ業界について調べ始めました。前職では事業会社ですが、マーケティングも担当していたので、ある程度広告には精通しているつもりでした。

ただ、調べた第一印象は「よくわかんねー」です。ブラックボックスになっている感じ。

前職のラクーンではアパレル・雑貨のBtoBマーケットプレイス「スーパーデリバリー」というものを運営していました。ネット上で小売店やバイヤーが簡単にアパレルや雑貨をネットから仕入れることができるサービスで、2002年に立ち上がっています。その前身の過剰在庫品BtoBの「オンライン激安問屋」というのは2000年以前からあります。

サービス開始当時は「アパレルは、実際に触ってみて着てみないと売れない」とかなりいろいろな人から否定的に言われました。

ただ、ラクーンだけでなく、BtoC各社もサイズを詳細に記載したり、画像の撮影を工夫し、改良を重ね、ネットでも流通できる環境を創り上げていきました。現在では服や靴もネットで買う人は相当多いはずです。各社相当努力した結果だと思います。

一方広告の世界に関しては、その辺の努力がこれからな印象です。もちろん運用型広告を中心とした「ネット広告」にはかなりのテクノロジーが使われていますが、それ以外に関しては「情報を見つけ出すこと」すら困難です。

今はネット証券を使えば、家にいながら日本のほとんどの銘柄の株が買えます。ただ、広告の世界は、いまだに証券取引所で身振り手振りで購入している場立ちのようなアナログさを感じます。それだと間に立つ人の主観や情報量で左右されてしまい、適切なマッチングは行われません。

おそらくマーケティングを担当している方なら「このメディアってうちにとって最適なんだろうか」と考えたことは多いはずです。だけど、そのメディアを探す時間は非常に無駄です。

だから、「世の中のあらゆるメディアをプラットフォーム上に一堂に会し、公平公正な情報の元、比較しやすくし、最適なマッチングをまずは実現したい」、広告プラットフォームを創り出しました。

広告というのは企業の成長の肥料となるようなものです。そして優れたクリエイティブは見ている人をワクワクさせます。

私たちはそんな広告のインフラサービスを創り上げていきたいと思っています。

やればやるほど、実現したいことは大きくなっていますので、現在のサービスを改善改良するとともに新しいサービスをリリースしていきます。そのあたりは時期が来たら公開します。

一緒に広告を科学してみませんか?

メディアさんやクライアントさんとよくお話をしますが、ビズパへの期待は非常に大きいです。広告の世界は、課題は大きいですが、その分やりがいはあるし、楽しさも大きいです。広告の世界を一歩先に進めるために、一緒に科学してみませんか?

▼会社・採用ページ

 

 

広告にフォーカスを当てたきっかけ

私が前職をやめ、起業すると決めたときには、まだ具体的に立ち上げるサービスは決まっていませんでした。ただ、BtoBマーケットプレイスやプラットフォームを長年構築・運用してきたので、その領域でのサービス展開を漠然と考えていました。

「自分の力の発揮できる新たなプラットフォームを創りたい!」

そう思いながら日々過ごしていた時にある記事が強烈に目に入りました。

その記事がこちらです。

公立校の市立船橋に胸スポンサー。部活の概念を高校サッカーが変革!

サッカーの強豪である市立船橋。

強豪であるがゆえ全国に遠征するが、その遠征費の負担は選手の家庭にもかかっており、しかも徐々に大きくなっているとのこと。その費用をスポンサー企業からの広告・協賛費で賄うのが狙い。

スポンサー企業が決まれば、家庭への負担はなくなるし、もっと言えば経済的ゆとりがなくて市立船橋でサッカーができない人にも門戸を広げることができるし、スポンサー企業からすれば、宣伝となると同時に社会貢献にもなる。

今までないところにメディアとしての広告価値を見出し、適切な企業とマッチングが行われれば、メディアと企業の両社だけでなく社会貢献につながる。おそらくこのようなことは市船だけではなく、他のサッカーチーム・他のスポーツ・他のアスリート、スポーツ以外のフィールドにもあるし、それが自由にマッチングできるプラットフォームが創れれば、きっと世の中便利になるし、何より面白い!

そう思ったのが、広告に最初にフォーカスをあてた理由です。そこからいろいろ調べていって、現在のビズパにつながるのですが、それは後日にします。

普段だったら見過ごしてしまうかもしれないような記事。これも運命かもしれません。

運命的な出会いを待っています

ビズパでは、会社もサービスも一緒に創ってくれるメンバーを募集中です。世の中には数多くの企業がある中で、ビズパという会社・ビズパというサービスを知っていただけたというのは運命です。当社のことをより知っていただくために、カジュアル面談してみませんか?

 

▼会社・採用ページ

 

 

 

一部上場企業の副社長という肩書を捨てた理由

私は、前職ではラクーン(現ラクーンホールディングス)に創業メンバーとして入り、副社長として一部上場まで経験しています。

私の起業家としての人生はそのラクーン副社長を退任することからスタートしています。

18年ほぼ経営メンバーとして参画した会社。だからこそ、ラクーンを退任すると発表したとき、色々な人から「なんでやめるんですか?」という声をいただきましたし、今でも聞かれます。

なぜ大好きなラクーンをやめ、創業するのか。

これは、退任時にラクーンのスタッフにあてた社内ブログです。

その内容をそのまま公開します。ちょっと長文。

=====================================

私が退任する理由   ラクーン役員・社員のみんなへ 

お伝えしている通り石井俊之は、7月28日の株主総会で任期満了により取締役副社長を退任します。 

全体会議時にご挨拶はさせてもらいますが、その場では伝えきれないことも多いので、社内ブログに掲載させていただきました。  2000年に入社し18年間になります。複数の方から石井さんが辞めるとは思っていなかったという声もいただきました。なので、今までを振り返りつつ、改めて理由をお話ししたいと思います。

■なぜラクーンの入社したのか?

 私は新卒で住宅メーカーに入社し、営業職をしていました。とてもいい会社でしたし、仕事も充実していました。 ただ、

1.1万人規模の会社で自分の存在価値があまりに薄い

2.ある程度の年功序列で、課長・部長になる年齢など自分の将来が見えてしまった

あたりが、心に引っかかっておりました。 正直、どうしても入りたかった会社ではありません。就職氷河期だったし、親を安心させるためにも知名度のあるところに入れればぐらいで決めてしまいました。

今考えると非常にもったいなかったなと思います。

 そんな中、入社後2年目のお正月休みの時に転機となる出来事がありました。 ベンチャー企業の特集をTVでやっており、 ・ベンチャー企業という存在 ・自分とたいして変わらない年齢のベンチャー企業の社長が生まれているという事実 ・ベンチャーのスタッフが、自分が社会を変え、会社を動かしていくという気持ちで生き生きと働いていること に衝撃を受けました。 それと同時に、「早くベンチャー業界に飛び込まないと、この人たちに負ける」と強烈な焦りを感じたのを覚えています。お正月休み明けすぐに会社に辞表を提出しました。 

いずれ起業をする前提で、一番良質な経験できるところに転職する。

ラクーンに入社したのも社員がまだ誰もいないぐらい小さかったことが一番の理由です。任される範囲が必然的に大きくなるだろうと。

ただ、面接のときに小方さん(ラクーン創業者)の熱量に圧倒されたのも事実です。 面接のときに私が話したことはほとんど覚えていません。9割以上小方さんが話していたと記憶しています・・・。

■ラクーンに入ってから最初の仕事

ラクーンに入社したときは東京都狛江の小さなオフィスでした。ただ、増資すること、そして数週間後に渋谷に移転することが決まっていました。 あるとき小方さんが「増資したから記者会見する!」と言いました。そしてその準備が私の最初の仕事となりました。 記者会見なんて芸能人の結婚式か、超大手企業の新商品発表ぐらいしかイメージがなかったので、本音では「何言ってんだろう?」と思いましたが、まだサラリーマン習性が抜けていなかったので意見も言わず、着々と準備をしました。 結果は・・・・、『来場者ゼロ!』 

ただ、不思議と気持ちはすがすがしかった。 小方さんの「こんなこともあるよね、片づけよっか。」という言葉が、不思議とかっこよかった。入社早々に社長自ら失敗する姿、失敗にくじけない姿を見て、本当にベンチャーに来たんだなと実感を持った出来事でした。   上場したり、黒字化したりいろいろ楽しかったことがありました。ただ、一番インパクトのに残ったのどれと言われれば、この幻の記者会見です。失敗してもいいから恐れないで進むというのを最初に叩き込まれました。   

■たくさんの経験

その後、たくさんの経験をさせていただきました。 営業・マーケティング・カスタマーサポート・倉庫運営などなど。 

どちらかというと何か強烈なスキルがあり専門的に何かを任されるというより、何でも屋といった役割でした。おそらく今のところ、ラクーン内での異動経歴・役職歴は一番多いと思います。26歳から部長になり、責任者としても事業も任されるようになりました。オンライン激安問屋・SuperDelivery・Paid・トラスト&グロース。

振り返ってみても、すべて「運」と「出会い」と「仲間」に恵まれたなと。

自信を持って事業運営しているように見えるかも知れません。組織をドライブする上では、リーダーの立ち振る舞いが重要なので。

ただ、私自身は小心者だと自覚しています。

今野さんや羽山さん、以前いた同学年のISAK小林りんは、本当にスペシャルワンな人です。

その人たちに比べるといつも自分の「実力不足」を感じます。自分は管理職としてもリーダーとしても経営者としても未熟ですし、そもそも適性があると思っていません。ただ、臆病な分、人より勉強し、細部まで徹底的に考え、覚悟を持って意思決定をしてきました。要は「努力」です。この「人より何か劣っている感覚」「何か足りないという感覚」というのは、自分の中では成長の原資だと思っています。

私はふつうの人です。結果の世界なので、努力とか語るのは好きではないですが、ふつうの人間でもここまでできると思っていただければいいかなと思います。

■私が退任する理由 

前述の通り、ラクーンに入社したときはいずれ起業するつもりでした。

でも、自分の成長が楽しく、会社が成長していくのが楽しく結局18年いました。

もちろん、ラクーンをより一層発展させていくことは非常に魅力的な仕事です。ラクーンの体力や一部上場という信頼性を考えても今までできなかったことが、より一層実現しやすい環境が整ってきています。

ただ、入社当初の起業したいという思いをずっと秘めていたというのも事実です。

同世代であるラクーンを卒業したISAKの小林りんやローカルワークスの清水、ローンディールの原田の活躍からもいつも刺激を受けていました。

自分にとって東証一部上場というのは一つの区切りでした。

その区切りで自分の人生を再度考えた時に、

いままでの良い経験も悪い経験もすべて糧にして、スクラッチベースで会社を作ってみたいという気持ちが非常に強く、独立させていただくことになりました。

「オンライン激安問屋」「SUPERDELIVERY」の事業責任者、「Paid」のイントレプレナー、「トラスト&グロース」のM&Aした会社の社長。

それぞれで違った経験をさせてもらいました。経験しないとわからなかったことが多いです。

「創業社長」も一緒。きっと新しい経験ができ、さらに成長できると思っています。

今回のことは突然かと思われるかも知れません。ただ、最初に独立したいと小方さんに話したのは、東証一部上場数日後のことです。その後小方さん(社長)や今野さん(管理担当副社長)と相談し、2年かけて色々準備していこうと話をしていました。経営陣にとっては退任後の体制も含めてしっかり準備ができたと思っています。私も全く不安はないです。

■ラクーンをよろしく

ある人から、「一部上場企業の副社長の肩書き捨てるのってもったいない」と言われました。私は全く思っていません。肩書きより重要なのは良質な経験をしたかどうか。ラクーンの経営者の考え方(収入と安定)をご覧ください。

また、「何の事業をするの?」とほぼ全員から言われましたが、それ決まっていません。あまり器用ではないので、ラクーンにいる間は、ラクーンのことだけを考え、退任後に自分の事業を考えます。

事業の立ち上げには焦ってはいません。

長いことラクーンで集中していたので、視野が狭くなっていると実感しています。しばらくは充電しつつ、視野を広げる活動をしていきたいと思っています。

私は、新しい道を進んでいきます。

私が創業社長に向いているのかどうかというと答えはNoです。

ただ、ラクーンという会社をマザーズ・一部上場へと執行の責任者として導いたこと、

そして

「オンライン激安問屋」という創業サービスを黒字化し、

「SUPERDELIVERY」を主力事業に育て、

「Paid」をイントレプレナーとして一から立ち上げ、軌道に乗せ、

「トラスト&グロース」でM&Aした会社の社長として事業を拡大し、URIHOという将来の芽を植えた

ことには、大きな自信と誇りをもっています。

そして前述の「何か足りない」という感覚をひとつずつ埋めていけば、きっと素晴らしい会社が作れるだろうと自分自身期待しています。

ラクーンは11月よりホールディング化します。

ギアを入れ替えてさらに加速していきます。

ラクーンは、より専門性を持ってマネージメントし、成長に向けての新しい挑戦をさらにしていかなければならないステージだと思っています。

ボードメンバー、執行を担う事業会社社長、監査委員を信頼していますし、優秀なスタッフであるみんなが力を合わせれば、さらなる飛躍をしていけると確信しています。

ラクーンの変化を楽しみ、新しい挑戦に前のめりで付き合ってください!

古巣のラクーンは、ずーっとイケてる会社でいてほしい!

みんなが充実した顔でラクーンの近況を嬉しそうに語ってくれる日を楽しみにしています!

創業メンバー募集中

私がラクーンで経験した創業メンバーとしての経験や会社と一緒に自分が成長する経験を、今度は「ビズパで」皆さんと経験したい!

一緒に会社もサービスも創っていきましょう!

▼会社・採用ページ

 

 

ビズパの社名の由来

ビズパの社名の由来についてお話します。

ビズパとは、「ビジネス」と「パス」を組み合わせた造語です。

私が前職をやめ、起業すると決めたときには、まだ具体的に立ち上げるサービスは決まっていませんでした。ただ、BtoBマーケットプレイスやプラットフォームを長年構築・運用してきたので、その領域でのサービス展開を漠然と考えていました。

BtoBのプラットフォーム構築は、時間がかかるし、胆力が必要です。ただ、ノウハウは持っているし、構築した後はインフラのようになくてはならないサービスになれる。そして、何より何より自分自身楽しんで取り組める領域です。

BtoBの「to」のサービスを創りたかった。私は、BとBをつなぐ「to」のサービスは黒子であるべきと考えています。主役はあくまで「B」の人たちです。

そのBの人たちに最高のシュートを決めてもらうために最高の「パス」を送る存在になりたい、そして「パスポート」のようになくてはならない存在になりたいと思い、ビズパという社名にしました。

ビズパスにしなかったのは、なんとなくです・・・。

 

一緒にビズパを創ってくれる人を募集しています。

私たちと一緒にビジネスにとってなくてはならない「to」のサービスを創りませんか?

サービスも会社もこれからです。

一緒にビズパを楽しみながら、爆速でインフラへと育てましょう。

▼会社・採用ページ

bizpa.co.jp